お取引の流れ(Business to Business)

商談月間

毎年6月~11月は次期生産シーズンのお取引を優先的に決定する商談期間としています。

法人・事業者様の定期納品などのご依頼はご希望の納品時期・規格・取引量・希望価格をご相談下さい。(例:2月~3月に店頭販売がしたい、加工用のイチゴを定期的に送ってほしい、など)

※お取引様のご注文に対して十分な生産量の確保に努めており、それが当園の責務と考えておりますが、年末年始、旧正月や祝祭日などご注文が集中し品薄が予想される場合は、事前契約者様、お取引の上位の契約者様から優先的に出荷準備を致します。

※ご家庭向けや贈り物などの個人のお客様のご利用は伊世いちご畑オンラインショップや食べチョク等の通販サイトをご案内しております。

打合せ

ご希望の商品について価格・お取引量などがまとまりましたら、具体的なパッケージや梱包の仕様、発送手順、商品開発の受託内容などについて打ち合わせを重ねます。

 苺の出荷時期(1月から5月)は担当者が畑から離れることができませんので、当園へご足労頂く形となりますが、オフシーズン(6月から12月)は可能な限りお打合せへ伺います。

見学・ご試食

法人・事業者の契約者様、契約希望の方へ向けて1~2月に生産圃場をご案内します。ぜひ、厳寒期の”いせいちご”のなっている様子をご覧いただき、完熟あまおうをご試食ください。有機JAS認証圃場やイチゴの栽培方法についてもご説明します。

ご希望がございましたら、その時点でのお取引価格と出荷可能な数量をご提案します。

1月以降は既に他社様への出荷計画が組まれておりますので、調整可能な範囲で当園のイチゴのご提供を開始致します。

契約

取引契約期間は1シーズン毎となっております。新規契約の事業者様も、継続契約の事業者様につきましても当園のイチゴの生産開始の12月の時点で取引契約の締結をお願いしております。